どのような人に見て欲しいWebサイトなのかを考える

ターゲットを考える

御社のWebサイトがどのような層の人に見て欲しいかを考えてみましょう。これがいわゆる「ターゲット分析」です。
ターゲット分析というととても難しいことのように感じますが、
「誰が」「いつ」「どこで」「何を」「なぜ」「どうやって」
といった5W1Hを基準とした考え方で分析することで、顧客ターゲット層のイメージがつきやすくなるはずです。

顧客ターゲット層は5W1Hで

誰が「who」

どこに住む人
性別
年齢
職業
→ その他インターネットに詳しい人かどうかなど

いつ「when」

平日、休日、祝日、給料日後
朝、昼、夜、深夜
→ 時間軸だけでなく天候などその他の要因でも左右される場合もあります。

どこで「where」

家で、職場で、外出先で
→ 時間軸だけでなく天候などその他の要因でも左右される場合もあります。

何を「what」

ユーザーが何に興味を持っているのか
御社が何を発信したいか

なぜ「why」

品揃えが豊富だから
他ではない商品があるから
商品が探しやすいから
新しいサービスだから
→ これから作るWebサイトに必要な要素を考えます

どうやって「how」

自宅のパソコンで
会社のパソコンで
スマートフォンで
新しいサービスだから
→ 考えられるユーザーの行動を挙げてみましょう。逆にあまりおこさないアクションは切り捨ててしまうのも方法です。

これらをできる限り具体的に考えることで、顧客ターゲット層をイメージしやすくなるのと同時に、サイトのコンセプトも明確になってくるはずです。

  • ターゲットを考える
  • コンテンツを考える
  • デザインを考える

お気軽にご相談ください!【お見積りフォーム】

メールでのお見積・お問い合わせご希望の方は下記のフォームからお願いいたします。
弊社担当が確認し次第、お客様へのご連絡をさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。
は必須項目です。

ご担当者名
例)品川 太郎
ご担当者名(ふりがな)
例)しながわ たろう
メールアドレス
確認用メールアドレス
電話番号
例)012-3456-7890
ご予算
ご希望の納期
サーバーの有無
独自ドメインの有無
お問い合わせ内容
お問い合わせ詳細
アンケート
(当サイトへの訪問方法)
[`evernote` not found]
LINEで送る

このページのトップへ